株式会社ケアマックス

お問い合わせ

株式会社ケアマックス

MENU

開業コンサル

Opening consulting

新規開業のプロセス

新規開業のプロセス
新規開業のプロセス
平均的開業スケジュール
平均的開業スケジュール
(東京都の事例)

1.開業場所の選定

開業場所選定の重要な要素①
  • 検討地域における「外来患者需要」の有・無。
  • 「物件ありき」ではなく、「外来患者需要ありき」の視点が重要です。
  • 診療圏は都内近郊の場合半径500m~1kmです。郊外では1km~2kmです。
通常の円形診療圏調査
通常の円形診療圏調査
開業場所選定の重要な要素②

診療圏の設定ポイントとして、一般的な「円形診療圏調査」だけではなく、通院の障害となる線路・国道・川などを考慮し、「変形診療圏調査」による「外来患者需要」の確認が必要です。

変形診療圏調査による実情に近い需要性を確かめる
変形診療圏調査による実情に
近い需要性を確かめる
1km²メッシュ
1km²メッシュ
診療科目別患者数(外来)
診療科目別患者数
(外来)

開業場所は外来患者需要が高く、かつ競合医院が限りなく少ない地域が望ましいです。開業候補地マップとは、下記のものを抽出したエリアです。

開業候補地マップ
開業候補地マップ

2.建築設計・内装工事

3.保健所への事前相談

4.開業計画の策定

資金計画
資金計画
「診療方針」を明確にする
  • 検討地域でどの様な診療(一般外来・専門外来・在宅医療など)を行うのか
  • 診療日数、診療時間の検討(日曜診療、夜間診療を行うのか)
  • 医療機器をどこまで揃えるのか
  • 職員の人員構成をどうするのか
医院繁盛の秘訣
  • 患者から選ばれる(インフォームドコンセントの明確化)
  • 患者の医学管理が出来る
  • 診療計画がしっかり立てられる
  • 院長の患者へのきめ細やかなフォロー
  • 職員の患者への明るい対応
診療科目別単価
診療科目毎(テナント開業)の適正開業資金
診療科目毎(テナント開業)
の適正開業資金

5.賃貸借契約書又は購入契約書

6.金融機関手配及び交渉

できれば公的金融機関から優先して借入しましょう。
  • 日本政策金融公庫
  • 都市銀行(信用保証協会付)
  • 地方銀行(信用保証協会付)
  • リース会社(リースを行わないと、融資はできない)

融資は上記の順に検討しましょう。

金融機関の決済をスムーズにもらうためには、十分な準備資料が必要です。

最低限必要となる資料
  • 預貯金の残高証明及び所得証明または確定申告書
  • 開業地のマーケティング資料
  • 借入返済計画を盛り込んだ事業計画(資金計画)
  • 賃貸借契約書
金融機関との交渉

担保があれば融資は受けられやすいが、担保が無い場合は事業性でどこまで貸してもらえるか、無担保・無保証の場合の融資枠上限と、保証人をつけた場合の上限など交渉する必要があります。日本政策金融公庫と民間銀行の保証協会付き融資の2本立てで協調融資を視野に入れて検討します。

7.医師会への事前相談

8.開業スケジュール表の作成

9.建築工事・内装工事契約

10.医療機器の見積もりチェック

11.医療機器の契約

12.人の採用

人を採用するに当たっては以下のことをポイントとします。

1.就業規則の作成
  • 始業終業時間の整備
  • 労働保険、社会保険の決定
就業規則より抜粋
就業規則より抜粋
2.給与規定の作成
  • シミュレーションが出来るよう作っておく
  • 人の採用の際に目安として使う
3.院長の経営理念
  • どのような診療を行うか患者に対してわかりやすいように
4.募集広告会社の選定
  • ハローワーク
  • web広告
  • 新聞折り込み広告(アイデム・ユメックス等)
  • タウン誌(フリーペーパー)等々
5.募集広告の内容打ち合せ
  • 開業のPRも兼ねる
6.面接方法の打ち合せ
  • 面接日の決定
  • 面接内容
  • 面接時の注意事項(粗品の提供など)
7.採用の決定
  • 給与の提示
  • 研修参加依頼
医療事務アンケート
看護師アンケート

13.工事の進捗状況の把握

14.備品のチェック

15.印刷物チェック

16.医療広告の打ち合わせ

1.開業までの広告
  • 人の募集広告の際にあわせて行う
  • 内覧会の案内を近隣に折り込み広告及びポスティングをする
2.広告媒体
  • 各種広告(ホームページ、駅看板、バス広告、郵便局広告、野立看板、タウン誌など)

17.医療機器の搬入スケジュールチェック

18.内覧会打ち合わせ

19.後方支援病院の選択と決定

20.医療と介護の連携

21.保健所・厚生局などへの届出

22.スタッフ教育

1.接遇研修
  • 接遇研修
2.医療機器(レセコンなど)の操作研修
  • 医療機器(レセコンなど)の操作研修
3.院内の動線のルール化(ロールプレイ)
  • 職員の動き
  • 患者の動き

クリニックとしての院内ルールを決めておくことがポイント。開業日前10日程度を研修期間として、職員の採用日を決定してください。

23.内覧会、院内及び患者向け勉強会

内覧会
内覧会

24.開業

ケアマックスでは、開業後も責任を以て診療所経営のお手伝いをいたします。

診療所コンサルティングへ